逆さまつ毛
池袋皮膚科形成外科 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
池袋駅東口より徒歩1分 各種保険取り扱い

tel:03-3989-1319
open.9:00 - 13:00 14:00 - 18:00 火・日・祝日休診

逆さまつ毛
形成外科

まつげが内側に向いているものを逆さまつげといいます。まつ毛が目に入って痛い人は、将来視力に障害が出る恐れがあります。場合によって30分程度の簡単な手術で治すことができるので、早いうちに解消するのがおススメです。手術方法は、まつ毛の状態によって最適なものを選択します。睫毛が内反していると、眼の表面の角膜や結膜に触れるために、これらに傷がついて赤くなり、涙や眼脂(めやに)が生じます。また、痛みや瞬目(まばたき)が多くなりよく目をこするようになります。 そのような症状がある方は、睫毛内反症の疑いがあります。ぜひご相談ください。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    治療だけでなく、仕上がり後の美しさにも配慮してカウンセリングいたします。

    1
  • 施術・検査
    施術・検査

    内側に大きく入り込んだ逆さまつ毛に対しては「切開法」。軽度な場合は、糸をかけてまつ毛の内反を修正する「埋没法」にて手術をいたします。まつ毛の状態によって最適なものを選択します。

    2
  • 経過観察
    施術後・経過観察

    術後の腫れは、程度の軽い内出血であれば、通常は1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えます。 抜糸した翌日からアイメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。

    3

■ 主な治療方法

内側に大きく入り込んだ逆さまつ毛に対しては「切開法」が適応になります。まつ毛のすぐ上、あるいはすぐ下の皮膚を切開し、中の組織を取ってから縫合します。
軽度な場合は、糸をかけてまつ毛の内反を修正する「埋没法」で直せる場合もあります。 また、内側の睫毛が内反している場合、蒙古ヒダの修正により、内反が改善される場合があります。 それぞれの場合で、最善の方法を選択し、施術させて頂きます。

当院の主な診療メニュー