目頭形成術(目頭切開)
池袋皮膚科形成外科 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
池袋駅東口より徒歩1分 各種保険取り扱い

tel:03-3989-1319
open.9:00 - 13:00 14:00 - 18:00 火・日・祝日休診

目頭形成術(目頭切開)
目の施術

目頭形成術(目頭切開)

目頭形成術(目頭切開)は、目頭方向に切開をして、目を大きくしたり、末広型となっている二重のラインを平行型に近いラインに整えたりする際に用いられる術式です。 この目頭切開には三日月切開やW形成を応用したもの、Z形成を応用したものなど、様々な手法があります。中にはPark法や内田法のような人の名前がついたものもあります。当院ではこれらの術式の中から、患者様の目の形状や特徴から最適な方法にて施術を行っております。

こんな症状の方はご相談ください

こんな症状を感じられる方は一度ご相談ください。

●目の横幅を大きくしたい方
●平行型の二重にしたい方
●きつい目つきをやわらかにしたい方
●離れている目と目の間を狭くしたい方
●傷が目立たない方法で、蒙古ひだの張りを取りたい方
  • 施術前
    施術前
  • 施術後
    施術後

目頭切開 施術後直後

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    医師とのカウンセリングの上、最適な施術方法の検討をいたします。

    1
  • 施術・検査
    施術

    患者さまに合った形で施術を行います。

    2
  • 経過観察
    施術後

    ダウンタイムは3~5日となります。抜糸は 7~10日目に行います。抜糸をおこなうまでは、メークができません。場合により患部のテープ固定が必要となります。

    3

■ 主な治療方法

当院では、第1選択として、「Z形成術」を応用したものを行っています。
Z形成術の利点としては、患者さんへの負担が少ない事、仕上がりがきれいな事、デザインの調整が容易な事
などが挙げられますが、もっとも大きな理由は、デザインしてから切開をするとある程度皮弁が入れ替えたい位置に自然と向いてくれるからです。 このことは、新しく縫う場所へのテンション(皮膚のつっぱり)があまりかからないということでもあり、テンションがかからないということはそれだけ傷跡もきれいに治癒します。
ただ、この術式は、不用意な操作をすると、三角弁の先端が血行不良に陥ったり、皮弁の処理上の観点から眼輪筋まできちんと処理をしなければならなかったりと、繊細さを要する手術でもあります。
当院では、日本形成外科学会認定の専門医が手術を担当するため、非侵襲的な手術操作をすることにより、傷跡をきれいに仕上げることが可能です。
Z形成術
■ 施術費用のめやす
目頭切開 ¥280,000(税別)
詳しい施術費用一覧はこちら
旧西山美容外科の患者様で引き続き西山先生の診療をご希望の方は、
従来と同じ価格にて診療をいたしますのでご相談ください。詳しくはこちら
未成年の方が、各種美容診療(自由診療)を受診される場合は親権者の同意が必要となります。
右の同意書ダウンロードボタンより同意書のご用意をお願いいたします。 同意書のダウンロード

当院の主な診療メニュー