飲む日焼け止め(ヘリオケア)
池袋皮膚科形成外科 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
池袋駅東口より徒歩1分 各種保険取り扱い

tel:03-3989-1319
open.9:00 - 13:00 14:00 - 18:00 火・日・祝日休診

飲む日焼け止め(ヘリオケア)
美容内科

ヘリオケアは34カ国以上で販売されている“飲む”日焼け止めです。市販の日焼け止め外用剤では、塗布した部分のみの紫外線対策となり、発汗、水浴、摩擦などにより有効性部が落ちてしまうため、効果が薄れ、表示されているSPFの値の20%~50%程度の効果しか得られていないと考えられます。このような日焼け止め外用剤の弱点を補い、外用剤と飲む日焼けどめ「ヘリオケア」を組み合わせることにより、紫外線を強力にブロックすることができます。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    医師とのカウンセリングの上、各種使用上の注意を確認いたします。

    1
  • 施術・検査
    施術

    ご希望のお薬が処方可能か判断をいたします。

    2
  • 経過観察
    施術後

    お薬を処方いたしますので、用法、容量を守ってご利用ください。

    3
●ヘリオケア
シダ植物(Polypodiumleucotomos)から抽出されたFernblock®という主成分は、臨床結果が世界中の皮膚科学会で発表されており、有効性が認められている成分です。紫外線によるメラニン生成やDNA損傷を防ぎ、日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減します。シミやしわの予防にもつながります。

■服用方法
日光を浴びる30分前に1錠を服用 長時間、日光を浴びる場合は4時間後に1錠追加服用してください。

■服用関する注意事項
4歳以上からの服用を推奨しております。また、妊娠中、授乳中の仕様は推奨していません。
施術費用のめやす
ヘリオケア(飲む日焼け止め)1箱 30カプセル ¥5,000(税別)
詳しい施術費用一覧はこちら
■ 治療に関するよくある質問
子供でも服用できますか?
4歳以上を推奨しています。この年齢から、子供の体はお薬を服用するのに十分発達していると考えられます。
妊娠中の服用は安全ですか?
毒性はありませんが、妊娠中、授乳中の仕様は推奨されません。
副作用はありますか?
シダ植物(Polypodiumleucotomos)から抽出されたFernblock®という主成分は、中央アメリカ、ヨーロッパで、アトピー性皮膚炎などの治療に、25年以上前から伝統的に使われてきましたが、いずれにおいても副作用は認められていません。
冬でも紫外線対策をする必要はありますか?
季節を問わず、年間をとおして対策をしていただくことで太陽光線から皮膚を防御することができます。
旧西山美容外科の患者様で引き続き西山先生の診療をご希望の方は、
従来と同じ価格にて診療をいたしますのでご相談ください。詳しくはこちら
未成年の方が、各種美容診療(自由診療)を受診される場合は親権者の同意が必要となります。
右の同意書ダウンロードボタンより同意書のご用意をお願いいたします。 同意書のダウンロード

当院の主な診療メニュー