皮膚小腫瘍(できもの・ほくろ)
池袋皮膚科形成外科 皮膚科 / 形成外科 / 美容皮膚科 / 美容外科
池袋駅東口より徒歩1分 各種保険取り扱い

tel:03-3989-1319
open.9:00 - 13:00 14:00 - 18:00 火・日・祝日休診

皮膚小腫瘍(できもの・ほくろ)
美容皮膚科

粉瘤(ふんりゅう)

皮膚は表皮、真皮、皮膚附属器から構成されます。皮下には脂肪組織、結合繊、血管、リンパ管などがあり、これらを発生母体として、さまざまな腫瘍が発生します。腫瘍とは自律性を持った過剰な発育をする病変で、良性と悪性があります。良性、悪性の違いは、腫瘍細胞の浸潤度、増殖速度、転移や再発の有無、宿主に対する悪影響の程度などの総合判定によって決まります。粉瘤(ふんりゅう)は、最も頻度の高い良性腫瘍で、皮下に皮膚成分を含んだ袋があり、中にはアカが入っています。皮膚・皮下腫瘍の治療にあたっては、まず正しい診断が必要です。部位、大きさ、性状などから最も適切な治療法をご提案いたします。病理組織検査が望ましいと考えるものや、大きいため切除・縫縮が望ましいと考えるものは保険診療で手術いたします。

こんな症状の方はご相談ください

こんな症状を感じられる方は一度ご相談ください。

●皮下に膿がたまりの腫れや痛みがある方
●最近ほくろの数が増えてきた方
●ほくろがおおきくなってきたと感じる方
当院では形成外科専門医が施術に当たるため、
傷跡をより目立たなく施術することが可能です。
※経過には個人差があります。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    カウンセリング

    医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、部位、大きさ、性状などから最も適切な治療法をご提案いたします。

    1
  • 施術・検査
    施術・検査

    局部麻酔を行ったうえで、レーザーによる施術を行います。病理組織検査が望ましいと考えるものや、大きいため切除・縫縮が望ましいと考えるものは保険診療で手術いたします。

    2
  • 経過観察
    施術後・経過観察

    部位、大きさ、性状などにより施術後の対応が変わります。カウンセリング時に状態に合わせた術後の過ごし方をご説明いたします。

    3

■ 主な治療方法

比較的小さいサイズのできもの、ほくろの場合、炭酸ガスレーザーやサージトロンによる治療を行います。病理組織検査が望ましいと考えるものや、大きいため切除・縫縮が望ましいと考えるものは保険診療で手術いたします。
■ 施術費用のめやす
ほくろ除去(自由診療)4mm以下 ¥20,000(税別)
保険診療については御相談下さい
詳しい施術費用一覧はこちら
旧西山美容外科の患者様で引き続き西山先生の診療をご希望の方は、
従来と同じ価格にて診療をいたしますのでご相談ください。詳しくはこちら
未成年の方が、各種美容診療(自由診療)を受診される場合は親権者の同意が必要となります。
右の同意書ダウンロードボタンより同意書のご用意をお願いいたします。 同意書のダウンロード

当院の主な診療メニュー